3/8 固体化学の新しい指針を探る研究会@日本大学 (川森)

M2の川森です。
3/8に「固体化学の新しい指針を探る研究会」の「若手研究者による研究発表会」に参加し、口頭発表を行ってきました。

日本大学に来たのは2回目です。1回目は4年生の頃の同じ時期に固体電気化学実験法入門のセミナーに参加しました。
あの頃から成長できたでしょうか。今回は発表者として来ることができてよかったです。

口頭発表も今回で2回目でした。初めての時と比べてだいぶ緊張せずに話せたと思います。
ただ、3日前くらいから花粉症のような症状で声が出ず、前回とは別の意味で発表が大変でした。
体調も合わせてこないといけないですね。

若手研究者による研究発表会ということで、40歳以下の若手が中心かつ口頭発表者12人の比較的こぢんまりとした会でしたので、学生からも質問がしやすかったです。
こういう場で少しずつ積み重ねで慣れて、大きな学会でも気後れせずに質問できるようになりたいです。

新年度からは博士課程になります。
後輩に何を残せるかわからないですが、研究室への貢献を忘れないようにしたいです。
M2までの3年間の研究はあっという間で、おそらく博士での3年間もあっという間に過ぎるのだろうと思いますが、後悔のないよう楽しんでいきたいと思います。