4/17(水) 野球観戦 楽天イーグルス VS 西武ライオンズ

みなさん、こんにちは。
平成の時代もいよいよ終わりを迎えますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
僕たちは研究室の有志で4/17の楽天vs西武戦を見に行きました。

自分たちも野球の大会を控えているので、プロの技術を学ぶつもりで観戦しました。(笑)
4/17時点で、楽天はソフトバンクと首位を争っており、勝敗によって単独首位に躍り出るかもしれない熱い試合です。
楽天の先発は今季広島から移籍してきた福井選手。
球場で生で見るプロの球は、僕らのお手玉キャッチボールとは完全に格が違いました。(笑)

試合は1回表、ライオンズの先頭打者の出塁を許すと、続く打者も四球などで出塁し、3点をリードされてしまいました。
一方で、楽天の攻撃ではライオンズ先発の本田圭佑選手(仙台市出身、東北学院大)の安定したコントロールと緩急のある投球に翻弄され、攻撃のリズムを作ることができずにいました。

しかし、2回以降を福井選手の粘りの投球で無失点に抑えると、4回裏にオコエ選手の内野安打で2点を返し、5回表には浅村選手の3ランホームランで逆転しました。
楽天ファンみんなが望んでいた逆転ホームランに大きな歓声が上がり、とても盛り上がりました。

6回裏にも2点を加え、7対3で迎えた最終回、無死満塁のピンチとなって登場したのが松井選手。
逆転の可能性もあり、球場全体が緊張感に包まれていました。
フルカウントになってから、低めに外れる変化球で三振をとったシーンは最高でした。
満塁のため四球で押し出しとなってしまう状況でも、あえてボールになる変化球で三振を取りに行くといったレベルの高い駆け引きを見ることができ、プロの試合を見に来てよかったと思います。
最終的に1点は取られたものの、後続を抑え、楽天は勝利しました。
ソフトバンクが負けたため、楽天が2桁勝利一番乗りで単独首位となりました。

浅村選手の逆転ホームランはかなり印象的でした。
二死一、二塁のチャンスの場面で、追い込まれても粘り続けた末のホームランであり、次に繋げる姿勢が結果として生んだホームランだった思います。
また、このホームランが浅村選手の通算150号のホームランでした。
偉大な記録を達成した瞬間を見ることができてとても光栄でした。

もう一人、オコエ選手も印象的でした。
無死二塁のチャンスでの飛び出し、二死二、三塁でのタイムリーヒットから二塁を狙ってアウトになってしまいました。
一見すると走塁ミスですが、前者は投手の癖を盗んだ三盗、後者は二死二塁のチャンスを継続させるための走塁であり、どちらもチャンスを確実にする、あるいは広げるための積極的な走塁でした。

僕たちも、じきに開催される野球大会では、その姿勢を見習って積極的で粘り強い野球をしたいと思います。
また、今度は4年生、D2も一緒に観戦しに行きたいです。