2018年度打ち上げ

2月15日(金)に、高村研の年度末打ち上げを行いました。

今年は、D3の1名がD論発表、M2の3名が修論発表、B4の6名が卒論発表を行いました。

「蛍火」という飲み屋さんに行きました。
系列店と店舗を間違えるというパプニングもありましたが、無事、全員が揃い乾杯!
ビールや日本酒を飲みながらお鍋をつつきました。

中盤に差し掛かったころからは、振り返り戦が始まりました。
一人ひとりが研究室の皆さんへお話をしました。

感謝を述べる人、思い出を語る人、自分の成長を話す人、、、

みんなそれぞれの思いの丈を話していました。

最後には、先生から各学生に対してメッセージをいただきました。

一本締めは、高村研恒例の石井さんの440+a Hz。
今回も迫力のある「やー」でした!

先生もおっしゃっていましたが、誰も欠けることなく(留学や卒業は除く)、年度末を迎えることができて良かったです。

卒論発表、修論発表、D論発表は皆さんの頑張りと先生方のご指導もあって、分かりやすくかつ内容濃いものでした。私は偉そうなこと言える立場では無いですが、発表を終えた皆さんほんとにお疲れ様でした!

D3・M2の先輩方は、忙しい中でも、実験や研究の仕方を分かりやすく教えてくださったり、発表練習や論文執筆の際には親身にアドバイスしてくださったり、大変お世話になりました。私も先輩方の研究や人々と向き合う姿勢を目指していきたいです。新しい場所・立場でも先輩らしく活躍すると私は確信しています(^o^)

4年生は、研究を一所懸命に取り組むところ、お互いの研究を理解しようとするところ、研究に少し疲れたらみんなで息抜きするメリハリがあるところ、、、たくさん尊敬するところがあって、「いい学年だなぁ」と陰ながら思っていました。そんな姿に刺激を受けていたのは恐らく私だけじゃないと思います。場所や学年は変わるけど、来年も元気なみんなと刺激受け与えられたら嬉しいです。

皆さんへの思い入れが強すぎてちょっと長く書きすぎちゃいました(^_^;)

長くなりましたが、
研究の難しさや楽しさを感じながら、このメンバーで今年度一年間高村研で過ごせてよかったです!
今年度も残すところ一ヶ月となりました。やり残したことをしつつ、次年度に向けて準備していきたいと思います。