第147回日本金属学会秋期大会@北海道(黒沼)


時計台
先日、北海道大学で開かれた金属学会秋期大会で発表を行ってきました。

まず、初めて訪れた北海道大学の印象は「札幌駅(街中に近い)!」、「広い!!」、「きれい!!!」でした。

肝心の発表はというと・・・

今回も発表直前にバタバタと準備をしてしまい、もっと事前に準備をしておけば良かったと反省しています。

ただ、以前は発表の時にガチガチに緊張していましたが、今回は程よい緊張感で発表に臨むことができ、質問に対してもそれなりに答えられたように思います。

次は11月末に仙台で開かれる固体イオニクス学会に参加するので、前々から準備を万全にして学会発表における有終の美を飾れるように頑張ります!!

卒論中間発表2010


ポスター発表(大越)
7月1日に四年生の卒論中間発表が行われました。

午前中に3分間のオーラルプレゼン(英語)を、午後はポスター発表を行いました。

皆上手に発表できていました!

ただ、M1のシュンには「オーラル発表の写真を撮る時はフラッシュを使わない」という反省点が残りました(笑)。

四年生はこれから院試勉強を(実験も)頑張りましょう!

四研対抗サッカー大会2010


高村ジャパン、四研サッカー初優勝!!
4月26日、評定河原で四研対抗サッカー大会が行われ…
なんと!当初の下馬評をひっくり返して!高村研が優勝しました!

四研対抗サッカーは高村研、岡田研、貝沼研、杉本研で争われるサッカー大会で、材料科学総合学科・マテリアル開発系・金属工学科ともとをたどれば源流はひとつの同じ研究室なのだからサッカーでもして仲良くしましょう!
ということで始まった大会のようです。

ほかの研究室では事前に練習をやっていたようですが、高村研はぶっつけ本番にも関わらず、持ち前のチームワークで3試合をこなしました。
 《高村研 戦績》
   (第一試合) vs岡田研  3−0 ○
   (第二試合) vs貝沼研  0−2 ●
   (第三試合) vs杉本研  4−0 ○

高村研、岡田研、貝沼研の3研究室が2勝1敗で並び、最終的には得失点差で順位が決まるという白熱の試合が繰り広げられました。

Tuller教授(MIT)来室

本日、MITのHarry Tuller教授が来室されました。Tuller先生は、酸化物型燃料電池(SOFC)に利用される混合導電性電極材料や電解質材料について、その物性や高性能化に関する研究を深く、かつ、幅広に展開されています。タイトな日本滞在のスケジュールの中でご来仙いただきました。
Tuller教授(MIT)来室

第35回固体イオニクス討論会@大阪

12月7日〜9日の3日間、グランキューブ大阪で開催された固体イオニクス討論会に参加しました。

固体イオニクス討論会は、私達が研究している「イオン伝導体」がテーマとして取り扱われており、
「発表時間15分・討論時間10分」というスケジュールで、非常に活発な討論が繰り広げられる学会です。

昨年から「最低1回は質問をする」という条件で、
研究室全員で参加させていただいています。

今回私は燃料電池のセッションで発表を行いました。

ページ